fc2ブログ

ガーデン&ベジタブルLife

草花愛でて、野菜作って♪にゃんこと過ごしてまったり生活(著作の放棄はしていません)
MENU
7月の庭

蝉が鳴いて

我が家の朝は「ガビチョウ」と「コジュケイ」の

けたたましい鳴き声から始まります。


コジュケイは、「ちょっと来い、ちょっと来い!」って鳴くんです!

だから行こうとすると逃げますけれどね~。(笑)


「ガビチョウ」は「野鳥図鑑」には載っていない

所謂「放鳥」で、中国原産とか。

初めて聞いた頃は綺麗な声!と思いましたが

まぁ、四六時中けたたましく鳴いてる!って感じで

今では鬱陶しい声になってます。


だから、飼ってる人は離してしまったんでしょうね~。

それが全国に広がって、増えています。

「ブラックバス」みたいな感じですかね~。


東北の一部にも入って来てるようですが

「寒さ」はちょっと苦手なのか?私の故郷にはいませんでした。


居ない!と言えば「クマゼミ」も居なくて。

こちらに越して「クマゼミ」のあのシャーシャーとけたたましい鳴き声にも

びっくりでしたね~。


夏休みこども相談室を、時々聞いてます。

その中で…

「蝉は、朽木に産卵するのですが、最近は朽木が片付けられてしまうせいか

全国的に少なくなってきていて、蝉が少なくなってる」とか・・・


動植物の生態系をしっかり知らないと、気が付いた時は「絶滅」や

「絶滅危惧種」になってしまうんですね~。

河川の護岸工事も、似たような現象を引き起こしていると報道されてますし。


1種類だけが繁茂する環境はおかしいので

多種混在!が、一番良いのですが…

在来種を駆逐する様な外来生物は、何とか食い止めないとダメなんでしょうね。


と、言う訳で、我が家の庭も「多種混在」を目指して(笑)

小さくても「爽やかに高原を吹き渡る風を見る庭!」にしたいのですが…

ウ~~ン難しい。


今まで好きで歩き回って来た、東北の高原…

早春、春、初夏、真夏、秋…それぞれの趣が有って

野の花が咲いて、風が吹いて…小川が流れていて…


何時でも「行きたい時に行けた」から、そんな光景は当たり前と思ってたけれど

離れてみると、そう簡単には見つからない。

当たり前の光景があるある日突然当たり前で無くなる

だからこそ、その時々を大事に大事に見つめて行かないといけないですね~。


そうそう、今日久し振りにが顔を出しました。

ホント、お久し振り~!って感じです。

夏山登山シーズンも開幕。

随分賑わってるらしいです。


****************

天気 : 晴れ

只今の室温 : 27.4℃   8:42


関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hatakeniyasai.blog.fc2.com/tb.php/762-e91bff15
該当の記事は見つかりませんでした。