fc2ブログ

ガーデン&ベジタブルLife

草花愛でて、野菜作って♪にゃんこと過ごしてまったり生活(著作の放棄はしていません)
MENU

加賀百万石、やはりすごいわ!

晴れ、今日は暑いくらい!

さて、旅の続き

加賀百万石、城の遺構(再建)が残っててありがとう!って感じです。

広さが圧巻ですね~

さてどっちに行く?

広いだけに迷います!

IMG_1023_1.jpg


左に何やら展望台の様なものが…

矢印とは反対ですが、行くことに!

IMG_1028_1.jpg

凄い!

天平の甍ならぬ、江戸の甍(再建ですが)

IMG_1032_1.jpg

河北門

IMG_1033_1.jpg

IMG_1035_1.jpg


思わず、声が漏れてしまいそう…

でも、ここに来る人は本当に少ない

(今の時期は、観光客もまばらではありますが)

皆さん、矢印の通り左に行くみたいです。

IMG_1027_1.jpg

何しろ橋爪門櫓がそびえてますからね。

IMG_1037_1.jpg

河北門を横目で見ながら

前方のガイドさんの声がする方へと歩を進める。

IMG_1038_1.jpg

五十軒長屋の前を通りながら

ガイドさんの声に耳を澄ませると

この石垣にハート型の石が有ります。

何処か解りますか?見つけると良い事が有るそうですよ!」

見つけました♪

他にちょっといびつなハート形の石も見っけ(^_^;)

IMG_1039_1.jpg

行く機会がありましたら、ぜひ見つけてくださいね♪

IMG_1041_1.jpg

橋爪門に向かいます

IMG_1044_1.jpg

橋爪門続櫓がそびえます


IMG_1045_1.jpg

IMG_1046_1.jpg

橋爪橋を渡ります。


ねぇ、ホント往時をしのばせる情緒が有って

癒されます。


IMG_1047_1.jpg

oh~これまた!!

IMG_1048_1.jpg

ここから、石などが落ちてきたら…

等と見上げつつ…

うたうた・・歩きます

最早、何処が何処やら??

足の向くまま…

IMG_1049_1.jpg

そろそろ、疲れてきた…

極楽橋を過ぎると、三十間長屋

IMG_1050_1.jpg

IMG_1052_1.jpg

車は、兼六園の先

右回りの兼六園を見ながら帰らねば…

疲れたぁ~~


石川門の方角へと足を向けます。

IMG_1057_1.jpg

石垣のサンプルが置いてあり

IMG_1058_1.jpg

振り向くと、やたら綺麗な休憩所。(鶴の丸休憩所)

IMG_1059_1.jpg

眼前には、菱櫓などの大パノラマが。

IMG_1060_1.jpg

IMG_1061_1.jpg

外には「土壁(ナマコ壁)」の作り方が。

IMG_1062_1.jpg

仕上げまで、ホント長い時間がかかるのよね。

粗塗りが乾き、中塗りが乾き、仕上げ塗り

そして漆喰

その間に竹小舞作りなどなど…

照りを出すために、キラと呼ばれる雲母を混ぜて漆喰塗ったり

漆喰の黒は、松の煤を使ったり…と

ナマコ壁は手がかかる左官仕事なんですよね~。


眺めていたら、ガイドさんが寄ってきて

「是非、今だけ公開している石川門内部見てください」

「入ったら、斜めになった柱を見てくださいね」

と言う訳で、石川門内へ…

IMG_1066_1.jpg

IMG_1067_1.jpg

IMG_1072_1_20211028151219a46.jpg

イマイチよく解らなかったけれど。

IMG_1065_1.jpg

IMG_1063_1.jpg

だけど、疲れるくらい歩いても半分しか見られなかった。

石垣をじっくり見たかったけれどね…

(↓) 何でもこの石垣が一番古いものだとか

IMG_1064_1.jpg

ふぅ、石川門を出て兼六園に向かうけれど…

流石に疲れました。

今、修学旅行シーズンのようで

大型バスが色々…「会津」「千葉」からも。

良かったねぇ、修学旅行が出来て♪

ちなみに、こんなのも食べました

IMG_1100_1.jpg

美味しゅうございました。

※ この近くに住んでいたら、

毎日楽しく1万歩散歩できるのに…(羨ましい)


そして、次は金沢駅に。


では、また明日♪


****************

天気  :  晴れ

只今の室温  :  25.2℃   15:20

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hatakeniyasai.blog.fc2.com/tb.php/3236-26e69048
該当の記事は見つかりませんでした。