fc2ブログ

ガーデン&ベジタブルLife

草花愛でて、野菜作って♪にゃんこと過ごしてまったり生活(著作の放棄はしていません)
MENU
11月の畑

藁、もみ殻貰う

今日は午前中晴れ、午後は曇り

雨の予報ですからこれから降るかも。


このところ、胃の調子が悪く病院へ。

胃カメラしましょう…との事でした。


最近は、眠ったままで胃カメラ出来ますから

かなり楽チンですね。



さて、昨日は、知人の田んぼから藁ともみ殻を貰ってきました

最近は、稲刈りと同時にワラは裁断され

田んぼにばら撒かれます


その藁が乾いた頃に、レーキで集めて

袋に詰めますが、このレーキでの集めが結構重労働。


DSCF8729_1_201911111240093d1.jpg

DSCF8732_1_201911111240250d3.jpg

DSCF8740_1_20191111124019a18.jpg

戻って早速、庭の畑部分に敷き込み作業



DSCF8738_1.jpg

DSCF8741_1_20191111124039eaa.jpg

DSCF8743_1_20191111124042126.jpg

DSCF8742_1_201911111240432a0.jpg


庭先なので、畝間の通路が土だと

靴に土がついて汚れて大変。


春にはそのまま畑に漉き込めるので

藁やもみ殻は重宝です。


昨日、芽生えたばかりの葉物に

透明ビニールをトンネルに。

DSCF8873_1_20191111124038b0a.jpg

DSCF8874_1.jpg

何だか一気に本葉が出てきました。(驚)

やはり、朝夕の冷え込みは生長遅らせますからね。


但し日中の日差しは蒸れるもと

裾を上げたり穴を開けたり。


汗をかいた夕方は…

DSCF8869_1_201911111240284cd.jpg

また一段と綺麗な夕焼け。


そうそう、昨日番組欄に「祝賀御列の儀」13時からになってましたので

大慌てで、藁集めをし、戻ったら…

えええ~~、御列は15時からだったんですね

なので、その間に、もみ殻敷きをして

後はゆっくりテレビを見ながら。


DSCF8802_1_201911111307408c3.jpg

(NHKより)

凄い参列者ですね~。

ご尊顔を拝せなくても、この雰囲気を味わい

熱気を感じただけでも

行くだけの価値はありそうです。


行けば良かったかな…(^_^;)




そして一夜明けて・・・。

DSCF8875_1.jpg

日本水仙は咲く準備開始!

DSCF8878_1_2019111113073667f.jpg

テントウムシは葉影で休憩

DSCF8879_1.jpg

大きなカマキリは、

「もう、これ以上テリトリーの草花を抜くな!」

そんな感じで怒ってるみたいです。


DSCF8880_1.jpg

そして、時期外れのニゲラが…。




*********今日の徒然**********


「芸術家の視点」


病院の待ち時間の間に本でも読もうか…と

本棚から適当な大きさ(重くない)の本を持参。


何でこんな古い古い本が有るのか?

古本屋さんで買ったとしか思えない…

それは・・・

「日本の伝統」 岡本太郎著

しかも、昭和31年 発行

紙は茶色く変色してますが…

多分、縄文土器の写真に惹かれたんではないかと…。



その中の一文

(法隆寺の中門に対して)

「これは門であるが、ただの開放的な通路ではない。

閉鎖をも暗示している。

招きながら拒否している
」(古都変遷・武山道夫著)

に対して、太郎は「ギョーテンしてしまいました。」と

記している。

その仰天内容は…

「ただの開放的な通路には、ふつう門はつけないものです。

だからとうぜん、あらゆる門が「閉鎖をも暗示している」

どんな門だって、「招く」と「拒否する」という

二重の機能を備えています。

それが「門」というものなのです。


(こんな、バカバカしい説明をしなければならないとは!)

なにも、ありがたい法隆寺の中門にかぎらぬこと。

――中略――

だがえらい学者先生が、法隆寺の前に長い間

たたずんだりしたあげく発見されたことだと、

伝統の後光をおびて、意味ありそうに

聞こえてくるから妙です。



以後、要約すれば


美辞麗句の学者的言葉で語られれば語られるほど

そこからから、伝統があらたに生かされてくるのか?と

危惧し、古典は観念化されてしまい

アカデミックに伝統を誇示し強調すればするほど

我々の伝統がわれわれにとって他人事になってしまう・・・

と、嘆いています。


成る程「芸術は爆発だ!」と叫ぶ

岡本太郎ならではの考え方なんだと

感じた次第です。




今でこそ「縄文土器」は、トーハクで特別展が

開催されるほど脚光を浴びていますが

この本を書いたS31年頃は、誰しもが奇妙な土器!としてとらえ、

そこに縄文人の芸術を感じ取る事は少なかったかと


それを太郎は、そんな時代に縄文土器を

日本人に眠る脈々とした芸術心としてとらえ、

感嘆し、太陽の塔に自ら活かしたことは

言うまでもありませんが…


果たして、太陽の塔時代に太郎の真の心を

どれ程の人が理解したのか?と、

今、この本を読みながら感じました。


芸術家と云うのは、時代に流される事無く

物事を見極める視点が違うものだ!と

つくづく思います。



ただ、太郎は「素人」が、

「何も(雑念や知識)を持たない素人」ほど、

芸術を見定める心(目)が有る!とも書いています。


成る程!私は素人よ♪と思ったのもつかの間

う~~ん、雑念の無い素人って…?!


無理無理、学校でもいろいろ教わるし

メディアからも多種多様な情報が流れるし

本だって読むしね…


そんな、ド素人って最早大人にはいないのかもしれませんね。


***************

天気  :  晴れ/曇/雨


ただ今の室温  :  21.9℃   14:03

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hatakeniyasai.blog.fc2.com/tb.php/2666-35eb05a7
該当の記事は見つかりませんでした。