fc2ブログ

ガーデン&ベジタブルLife

草花愛でて、野菜作って♪にゃんこと過ごしてまったり生活(著作の放棄はしていません)
MENU
6月の庭

キキョウ咲く

昨日、今日と晴れて蒸し暑いです。

ムシムシ、ムシムシ…


明日以降、週間天気予報ではずっとが続いています。

曇るのが多いのか?

降る方が多いのか??


いよいよ「梅雨」シーズンの開幕って感じですね~。


昨日、キキョウが咲いてるの見つけました♪

DSCF9596_1.jpg

「キキョウ咲いたよ!」

すると、が・・・

「そんなはずがない!キキョウは秋だ!」

確かにキキョウのイメージは秋。

確かに東北では、秋まで咲いてるもんね。


お墓参りの時の「盆花」に、キキョウは必ずって良いほど入っていた記憶があるもんね。

って事は、8月のお盆か?はて?? 秋の彼岸か?? 

近頃では、菊に変わってしまったので、記憶が定かではないのですが…。


「桔梗」って、秋の季語じゃなかった??
 


さて、廉価だった「オステオスペルマム」

まぁ、何と何と、どの株も元気一杯!

ひょっとして、越冬して宿根草になるか?!

DSCF9609_1.jpg

DSCF9607_1.jpg

DSCF9606_1.jpg


虫も付かず、蕾を沢山抱えて、何て楽ちんな花でしょう♪



そうそう、ずっと切らなきゃ!と思っていて、手つかずだった

「ダイアンサス」 やっと昨日、チョキチョキ

DSCF9603_1.jpg

切った物を、掘り上げた「日本水仙」の跡地に

適当にパラパラと置いてみました。

DSCF9637_1.jpg


あわよくばこぼれ種で発芽するかも♪です。

(採取して、蒔く事をしない面倒臭がり屋の私です)



切り始めたついでに、「ネメシア」

DSCF9604_1.jpg

あわよくば、こぼれ種で発芽を期待して半分残していたものです(笑)


(右奥は、種から育てた西洋オキナグサ)

(左奥は、乙女菊)




チョウを呼ぶ「ブッドレア」咲きだしました。

この黄色の品種はちょっと変わっています。

DSCF9601_1_20170623095503587.jpg

本当に、蝶が良く来て吸蜜する花ですよね、ブッドレアって。

挿し木でも簡単につくし、虫も付き難く

強剪定にも耐えられる便利な花木です。


そんな陰で密やかに咲く「ジャノヒゲ」

DSCF9597_1.jpg

地味だけれど花は可愛い♪



可愛いと言えば、「チェッカーベリー」の花が咲きました。

DSCF9612_1.jpg

DSCF9610_1.jpg

地味に、じわじわと茎を伸ばしてテリトリー広げています。



タチアオイも咲きだしました。

去年は赤だったのに…(^_^;)

DSCF9618_1.jpg

DSCF9617_1.jpg

DSCF9639_1.jpg



地味~な、南天も

DSCF9638_1.jpg

DSCF9620_1_2017062310232616c.jpg



そして~、また見っけ!「蜂の巣」です!

DSCF9613_1.jpg

あ~、怖くてブレブレ…

芋虫など、狩りしてくれる有り難い蜂ですが…

バラの葉っぱに巣をつくると、後が怖い 何とかしなきゃ…



そうだ!不思議な事!!

「ムスカリの球根」って、何でピョコッと土から飛び出すんでしょうね~?

DSCF9615_1_20170623102253bfe.jpg

DSCF9616_1_20170623102323bf9.jpg

時々、土をかけたりする私の行為は迷惑なんですかね~??



「枯れた!」もうダメかと思っていた「アスチルベ」

何とか、新葉を出してきまして♪ 良かった~。

DSCF9645_1_20170623103714408.jpg

これまで、残って欲しいと思う「草花」が何度消えた事か!!

アスチルベには、何としても残って欲しい!!



「トレニア」よね?

DSCF9624_1.jpg

DSCF9623_1.jpg


ここ数年、ひょこっと思いがけない所から生えてきていた「トレニア」


花が咲く頃になって気が付くので、発芽の時はあまり知らず…(^_^;)


何の種を蒔いたかも不明な「ポットに」

トレニア(多分)と松葉ぼたんが生えてきて

昨日それも地植えしてみました♪

DSCF9625_1.jpg



多年草が多い庭なので、基本耕す事が無いので

色々な物が思いがけず生えてきます

何だろう?と思って育てていて、大概は「雑草」なのですが

たまに「大ヒット」や「場外ホームラン」が有るので、

見つけても抜けない私です(笑)



こちらも、あちこちでこぼれ種で勢力範囲を拡大している「エキナセア」

DSCF9629_1.jpg

丈夫な花ですよね~。



さて、庭先「箱栽培」のトマト!

今のところ元気一杯!

DSCF9632_1.jpg


(↓) 調理用トマト「サンマルツァーノ」

DSCF9630_1.jpg

発泡の箱栽培は、ホント面白い♪

ま、綺麗な言葉でいえば「コンテナ栽培」って事でしょうか(笑)



「はつか大根」は、昨日全て収穫。

葉っぱはスープで食べちゃいました♪


UFOズッキーニは、7~8cm位が主かく時期かも。

DSCF9635_1_20170623103701d1c.jpg

昨日、相変わらずの「野菜たっぷり具沢山スープ」に入れました。

(はつか大根のは、大根、玉ねぎ、ズッキーニ、鶏むね肉、ニンニク、ショウガ(乾燥)

ゴボウ、キノコ数種)


ズッキーニは、何の変哲もなく、やっぱり可もなく不可も無く。

普通のズッキーニの方が良いように思いますが

庭先栽培なら、あまり大きくならないこちらの方がかなり育てやすいかと♪



ただ今、箱栽培のかぼちゃにもチャレンジ中。

雄花と雌花の開花時期がずれて、なかなか受粉できませんが

1~2個なら収穫できそうです。




昨日、目一杯踏んで歩いたのに、またまたモグラでボコボコ

踏み方が足りなかったか?!

今回は全体重かけて、ギュギュ!!

DSCF9641_2.jpg

さて、どうだ?!

奴もやる気満々、こちらも負けずに頑張らねば!!(Fight!おー!


**************

天気  :  晴れ

ただ今の室温  :  26.2℃ (外はもっと熱いでしょうね~)   10:56

関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

エルフィン says..."こんばんは~。"
「オステオスペルマム」元気良いね~。
そっちなら間違いなく越冬して宿根草になるよ~。
羨ましいな~こっちは何とか凍らせない様にして・・・そういえば、軒下の良い所で越冬したっけな~。
「ネメシア」ってさ種が風で、サラサラサラ~っと列になって飛ぶよ。
だからいろんなところに生える。
一度目撃したのよ飛ぶ所、面白かったわ。
「黄色のブッドレア」良い色だよね~。
そうだねぇそういうところの「蜂の巣」が一番危険、気づかなくて刺される事が多いね。
注意して探さないとね。
2017.06.23 21:24 | URL | #- [edit]
al says...""
エルフィンさん、おっはようございます~♪

《蜂》は、昨日、葉っぱを切り落として
(蜂が居なかったので)埋めました。

葉っぱの裏などの芋虫捕まえてくれる
有り難い蜂ですが、刺されたら大変ですもんね~。

そうそう「コガネムシの幼虫」に卵を産み付けてくれる
「キオビツチバチ」そちらに居ませんか?

居たら大事にして下さいね。
なんたって地中に潜って、卵産んで
コガネムシの幼虫食べて成長するんだそうですから
これまた有り難い蜂♪みたいですよ。

「オステオ」越冬出来たら超お得ですね(笑)
何しろ手がかからないので
楽な花ですから♪

ネメシアの種、サラサラ~っと!ですか!
絶対見たい♪
でも、切ってしまった(ガックリ)

来年出てきたら嬉しい♪
可愛い花ですもんね。



2017.06.24 08:19 | URL | #- [edit]
エルフィン says..."そっか~そんな蜂ね~"
似たようなのは居るけど・・・土に潜る?わかんないな~。
クスノキの青筋アゲハに卵を産む虫が居るの で、全滅・・・それは悲しい~。
それとね。「キオビツチバチ」に似たちっちゃい蜂が空洞の茎に穴を開けて、ムシを詰め込んで巣にする鉢っぽいのが居る。
先の花が枯れるから、それが困る虫なのよ。
コガネ虫をやっつける虫なら居てほしいな~。
2017.06.24 09:48 | URL | #- [edit]
al says...""
キオビツチバチって、2㎝位の大きさの
全体が黒い、蜂のようなアブの様な・・
そんなツチバチです。

地面すれすれに、飛びまわってます。

最初は気持ち悪いと思ったんですが
コガネの幼虫になら大歓迎♪

アオスジアゲハの幼虫に卵を産む?
初めて知りました。

世の中、ホント寄生する虫って多いんですね~。
驚きです。

空洞の茎に穴をあけて巣にする?
えええ~、色々要るんですね~虫の世界も。

穴を開けるのはカミキリだけでホント沢山ですよね。

カミキリどんどん出る季節になりました。
もう、回りきれないです(涙)

2017.06.24 14:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hatakeniyasai.blog.fc2.com/tb.php/1777-ff4298cb
該当の記事は見つかりませんでした。