fc2ブログ

ガーデン&ベジタブルLife

草花愛でて、野菜作って♪にゃんこと過ごしてまったり生活(著作の放棄はしていません)
MENU
5月の庭

バラばかりですが…

今日も良い天気ですが

気温はまぁまぁ、比較的過ごしやすい日です。



5月も半ばになると、遅咲きのバラも少しずつ開花始めました。



中でも只今元気に咲いているのが「マダムイザックペレール


フェンスの両側に顔を出して咲いてます。

フェンスは4m、両側に2mずつツルを伸ばして、フェンスの前後に花を付けますから

かなり多花性のバラと言えます。


ブルボン系のバラで、香りも良いのでそばにいると幸せ感で一杯になります。

しかも、育てやすく丈夫です。

既に太いシュートが、1.5m位に伸びています。

これは、冬にフェンスに誘引し、古くて細い枝はカットします。

DSCF4256+1_20160515142844d5b.jpg

DSCF4263+1_20160515142843fa0.jpg





バラを育ててみて、一番楽なのがFL 「ブラスバンド」

DSCF4260+1.jpg


ご覧の通り、つぼみも多く、咲いた花は長持ち!

病気にもかかり難いし…香りさえあれば天下一品だと思うんですよね。

(香りが無くても良いですが)

DSCF4261+1.jpg





同じく、FL 「アプリコットネクター」

このバラも、強健で冬場に低く切り詰めても背丈以上に伸びたりもしますが

横に広がるタイプではないので、場所をあまりとらないのが利点です。

多花性ですが、香りが有るせいか「ハナムグリ」等の被害も有ります。

DSCF4265+1_20160515142842ad8.jpg




イングリッシュローズ系は、基本、丈夫だと私は思います。

香りもあるし、比較的育てやすいのですが…虫も付き易い。

葉っぱが柔らかいせいか、虫が好むのかもしれませんね。

でも、少々の被害に屈する事はなく、育ちます。

花は、コロンとしたロゼット咲が多いのも特徴です。

問題は、シュラブ系が多いので横に広がりやすいので地植えは要注意です。



ER 「ザ ピルグリム」


DSCF4259+1.jpg

DSCF4274+1_20160515144228906.jpg



「ガートルードジェキル」

これもERとしては、かなり育てやすいバラかと。

DSCF4273+1_20160515145728860.jpg

茎がシュッと長く伸びるので、私は支柱を4本周りに立てて

そこをぐるりと、一定間隔で丸くまとめた針金を回しています。

丸くまとめた輪に、棘が引っ掛かり、誘引したようになるので便利です。




ER 「ジ アルンウィックローズ」


同じ株なのに、こんなにも色が違うツボミ。

バラは、肥料の多少や日当たりなどの条件でも、

花色が変わったりするのが面白いです。


DSCF4275+1_2016051514572710e.jpg


DSCF4276+1_20160515145727b4f.jpg







一度は植えたい「ツルバラ」  

誘引の手間さえ惜しまなければ、1本で豪華な庭に♪



元気な多花性「パレード」  つぼみが沢山付き、花も大きく、色も鮮やか。

ツルも良く伸びますので、パーゴラなどにも良さそう。

DSCF4262+1_20160515144227a6b.jpg

DSCF4264+1_20160515144227390.jpg



ツル「ブルームーン」   花付きはそう多くは有りませんが

花の大きさと香りが抜群。  棘が少ないのも誘引に助かります。


DSCF4268+1_201605151442269c7.jpg

シュートの出も悪くは有りません。

DSCF4269+1_201605151442269a5.jpg




つる「羽衣」 


花弁数が多く、花が比較的大きいです。  

2年目で、太いシュートが出始めました。  今冬、フェンスに横に誘引します。

日本作出なので、日本の気候に合った花と言われています。


DSCF4278+1.jpg


DSCF4279+1_20160515145728e81.jpg





割と小ぶりな花の、つる「コンパッション」


色合いが複雑で、オレンジがかったピンクです。

このバラの魅力は葉っぱで、照葉系で艶々しているのが良いです。

DSCF4258+1_20160515142844750.jpg



他に、絶対的に楽なのが ツル「新雪」  

これは間違いなく、大良く育ちますし、手がかかりません。


かなり低く剪定すればシュラブのようにもなりますが、

誘引が大変ですが、パーゴラに仕立てるとかなり豪華です。





ツル「ドンファン」 


仮植えから、今年やっと定植したばかりですので

特徴はまだ良く解りませんが、太いシュートが何本か出てきてますので

今後が楽しみです。






さて、バラと一緒に植えたい植物って色々ありますが

「クレマチス」も良く言われますよね。


ツル「新雪」のそばに植えた「ハンショウヅル」が伸びに伸びて

バラに絡まって育っています…

剪定困るじゃない…(-_-;)


DSCF4282+1.jpg


ハンショウヅルって、今年伸びたツルに咲くらしいものね…切ったらダメじゃん…(-_-;)





今思案中なのが…これ ↓「ハニーサックル」

DSCF4270+1_20160515145726a8d.jpg


伸び過ぎたら困るし…でも花は可愛い・・・う~~ん。



****************

天気   :  晴れ

只今の室温  :  24.4℃   15:20

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

エルフィン says..."こんばんは。"
うふe-454薔薇ばっかりじゃ~んe-440
最後にハンショウヅルとハニーサックルe-454か~。

さ~て~薔薇・・・まず第一に凝ったら半端ない種類の中で遭難しそうv-483
一番避けなきゃならないのが香り・・・五感って怖いのよe-440意思と別の所で働く。
そそっかしいので棘は天敵。
っつ~ことで
綺麗なのは分かるぅ~e-349e-320STOP!
あはは。。。徹底的に近付かないのだ~。

ハンショウヅルって初夏(春?)咲きと秋咲きがあるみたいね。
これ咲いてないから、秋咲きなのかな~?タカネハンショウヅルだったりする?
ロニセラはまだ家は蕾も出てなくてね・・・切り詰めすぎたらしいっす~。
2016.05.15 20:53 | URL | #z7JV0frs [edit]
al says..."No title"
エルフィンさん、おっはようございます~♪

バラは、綺麗だけれど敵が多過ぎますもんね。

私は2年前に、急にとち狂ったようにハマって…(-_-;)
今、大変な目に遭って居ます。

気楽な気持ちで入ったら大怪我するのがバラかも。

棘で病院に通ったし、毎日害虫と闘わねばならないし
後悔しつつも、この綺麗さと香りに・・・抜くに抜けずに育てています。

今後、病気や害虫に弱いものは消えて
強いのだけを育てる事になるのかも。(笑)

ハンショウヅルは、咲いてるので春咲なんだと思います。
エルフィンさんのと同じかも。

只今盛んにツルを伸ばして成長中。

ハニーサックルもツル物なので…後々が大変かと
悩んでいます。(~_~;)



2016.05.16 08:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hatakeniyasai.blog.fc2.com/tb.php/1161-5d547ee4
該当の記事は見つかりませんでした。